人間らしさ


メルマガがなかなか書けずにもどかしい
気持ちでいました。


書きたい事はたくさんあるんですよ。



でもね、情報を発信する側になってみると、
自分が発信する記事に責任が伴うことを
痛感するんです。



こんなこと書いたらまずいかな?とか、

自分が元気じゃないとダメだよな・・とか。


いつも人を元気づけなくては・・と思ってしまうと
気持ちが落ち込んでいるときは書けないと思ってしまう。



落ち込みネタならたくさん書けるんだけど(^。^;)


そんなこと誰も聞きたくないだろうな・・



みんな「稼げる情報」「元気になれる話」
興味があるのであって、そういうことを書かないと
読む価値を感じてもらえないだろう・・・とか、
自分にプレッシャーかけてしまっていました。



でもね、ある方のメルマガを見て、少し
気持ちが楽になりました。



そこには「人間らしい人間のほうが理解しやすい」
ということが書かれていました。



その方は「いつも同じような顔や感情
表現をしている人」に対して、

「この人本当に人間?と疑いたくなる」そうです。


いつもあまりにも前向きすぎて、無理やり
前向きに見せつけている感じがして
人間らしくないという印象を受けるというのです。



人間は、喜怒哀楽を持つ感情的な動物だ。


人は、いつも同じ顔をしているロボットに興味が無い。
喜怒哀楽を感じる人間の言動に興味を持つ。


実は、同じ事がメルマガの筆者記事にも言える。


読者は、メルマガ発行者の喜怒哀楽の
感情をメルマガで読み取りたいと思っている。


私も其の一人である。

なぜならば、


それが人間らしいからだ。」



自分に都合のいいようなメルマガばかり
集めて読んでいるんじゃないの?



って思われるかもしれませんが、私はいつも
人に役に立つことを書きたいと思っているので、
自分も「役に立つ」と思ったメルマガしか
購読していません。



どのメルマガやブログに読む価値を感じるかは
人それぞれだから、私が「役に立つ」と思っても
あなたにはそう映らないものもあるかもしれませんけどね。



正直言って今の時代、「稼げる情報」なら
無料でいくらでも手に入りますよね。


メールアドレスと引換に手に入れられる
無料コンテンツは、有料レベルのものが多いです。


今ではたくさん稼げている人の話は
確かに聴く価値ありかもしれません。



でもどうしてもそこに「自分とは違うんだ」と
どこか冷めてしまっている自分がいたりします。



それよりも今、とても大変なんだとか、
今、自分と同じくらい苦しんでいるとか、
それでも頑張って結果を出し始めてるとか、
そういう人の話のがとても興味があったりします。



恥ずかしいから言えない。

馬鹿にされるから話せない。


そう思っている人が多いんだと思いますが、
勇気を出して自分の恥ずかしい経験を、
書いてみると、案外「安心しました」なんていう
メッセージがもらえるかもしれません。


蘭もね、落ち込むといつも思うことがあります。


それは「自分を正しく評価すること」が大切だと。


自分を過大評価すると落ち込むし、また逆に
過小評価しても落ち込むし。



自分の良い点、悪い点。

努力した点、足りない点。

成功したこと、失敗したこと。



自分を褒めることも大切だし、自分を
戒めることもまた大切です。



人はいま見ていることでしか自分を評価して
くれないかもしれません。



「ブログの更新が止まっているからやる気ないんだな」とか、

「メルマガ来ないからもうやめたのかな」とか。



中にはそういう人もいるのも事実でしょう。



でも、一概にそうとは言えない場合も多いです。


ある商材の実践をしている

本業が忙しくなった

家庭に問題が起きた

裏で別のビジネスをしている


いろいろなことがあるはずです。



なので、「いつも優等生の記事を書かないと」
なんて思わず、今の自分の正直な状況を
書くでもいいから、

メルマガやブログは継続して行って
行きたいと思っていますし、
あなたにもそうして欲しいと思っています。



例え、何ヶ月かの中断があってもあきらめないで
継続してくださいね。



要は「成功するまで諦めないこと」です。


失敗とは「成功することを諦めてしまうこと」
だと思っています。



何が「成功」かは自分で決めてください。


人の価値基準ではなく、自分の価値基準でね。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
にほんブログ村

タグ

2013年2月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人間らしさ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

(Spamcheck Enabled)

Spam Protection by WP-SpamFree

このページの先頭へ